CRECE LA VOZ 2009

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.09.18 Saturday

クレセラボス2010 in 豊島

 
こんばんは!今年もやりますクレセラボス!
2008年10月から始まった、地元密着型イベント。
第一回目は瀬戸大橋記念公園、二回目は高松の商店街、三回目の今年は、瀬戸内海にある豊島にフォーカスして行います。

日 時 2010年10月16日(土) 13:00〜 10/17(日)12:00〜
    商業優先主義ではない、反グローバル、地域密着型フェスをしよう

場 所 香川県豊島、唐櫃の公堂
    
詳細  

16日13:00〜
■構想四国 第三回S.Iフォーラム「どうする豊島」




■地元のミュージシャンによるライブもあります!

    

17日12:00〜
■プロミュージシャンによるライブ「Fiesta de musica」
出演アーティスト:THE ZOOT16、EKD、桴桴(ばちばち)、fugacity、 杉瀬陽子、icchie、Eribaku

    

16日、17日終日開催の催し

■豊島の人達と高松の料理人がつくるフードコート「豊島キッチンとハッピー商店街」
   






 ■自転車のイベント「SANUKI FIXED CONNECTION」



■FLIP SIDEによるシーカヤックのイベント「「シーカヤックミーティング」





なんと今回、飲食以外は全て無料です!

問合せ クレセラボス実行委員会(ルビー商会内)
tel :087-897-2600 
ruby@madeinkagawa.net





2009.10.20 Tuesday

肉食文系文科系男子&女子がやりきりましたよw

 といっても勝手に文化系と思ってるだけで、出演者や協力してくれた方々は体育会系の人も沢山いますw今日回収した段ボールなどのゴミ出しが終わり、やっと一段落。でも絵の回収やもろもろ含めたらもうしばらくかかりそう。イベントごとは大変だ〜。


高松中心市街地での地域密着型フェスCreceLaVoz(クレセラボス)と常盤瀬戸際芸術祭。先の大戦(去年の瀬戸大橋記念公園のやつね)を火種に、クスぶった不安分子を全て巻き込んだお騒がせなお祭りは、やっと和平協定を結び鎮静化の方向へと状勢傾いてきました。しかし事態はなお余剰を許さず、以前緊張状態が続いています。油断は禁物!テロ警戒中!




前夜祭は様々な人種が入り乱れての会場となり、一種のカオス空間を町中に出現させる、そして警察に止められるまでやりきることに。あれは凄かった、テーマは「破壊」だったのでそれは達成したかな?けど最初で最後かも。。。 讃岐のパルチザン、ここに極まれり。











当日は「再生」がテーマwめちゃくちゃピースフルな空間になってました〜。ライブも全く知らない凄い地元バンドが数組出て来てしかもレベル高い!出店ブースのフードもおいし〜、B級最高!全く飽きなかった〜、香川奥が深いなあ。まだまだ見知らぬ変態が潜んでいます。



馴染みの車屋さん(木太町のオートクラフトですw)から借りて来たビートルが子どもに容赦なくお絵描きされてて笑った〜、サイケデリックの極み。



 町中は凄い人でした、でも思うにこれが普通なんですよね、だって街なんだもん。どうやったら異常を通常に戻せるのか!?地方都市永遠の悩み、そしてジレンマ。早急な都市としてのインフラ整備が望まれます!復興の足音は地味なところから聞こえてくるもの。派手なことばっかやるんじゃなくて、できることからコツコツと〜!人類温暖化計画発動中













ラストTHE ZOOT 16最高!



落ち着いて数日後街を歩く、自分らの動き一つで、見慣れた街がこう変わるのかと実感。これは手を抜けないね〜、でもオモロ〜だね。 思うに、高松って(ていうか地方都市って)ハイレベルなアマチュアの街なんですよ、意志と行動力があれば、いかようにも自分の思った通りに風景を、環境を変えれる。都会じゃ上層に辿り着く為のレイヤーが多くてなかなかこうはいかないですよね〜、もっぱら消費単位の一コマに陥るのが常。

しかし続けることがもっとも大事、単に街をかき回しただけで終わらないのが、そこに住む人々がやるイベント!これは序章に過ぎません〜。関係者各位、しっかりケツ持ちます!そこんとこヨロシク!!


ケツ持つの図、もういいって?w

来年は豊島で紛争勃発の予感!?ご神体サイケデリックビートルは好評大爆発の為、今年いっぱいは商店街にてオーラ放ちながら展示される(放置されるw)予定です、惜しくもイベント当日これなかった〜!という罰当たりな方々は、ご神体を拝んで当時の残像だけでも目に焼き付けてください。まだ間に合います!目をつぶればホラ、常盤瀬戸際芸術祭とcrecelavozはそこに。妄想をたくましく!もっとたくましく!


ここまで読んで嫌にならなかった奇特な人、その他写真はこちらでどうぞ〜。
http://fotologue.jp/utsushiyo

2009.10.08 Thursday

クレセラボス後記〜B級グルメフードコート〜

 今年のクレセラボスは終わってしまいましたが、少しずつクレセラボスの報告をしていきたいと思います。

本日はB級グルメフードコートから!




今年は香川の飲食店が8店舗集結!
それぞれが思い思いのご飯をその場で調理して販売。
クレセラボスのことを知らなかった方、たまたま通りかかった方もこの匂いにそそられてました。

中でもこがね製麺所のわかめうどんは緑の麺でインパクトあり!
行事ごとでうどんを食べるという香川ならではの風習。クレセラボスでは外せませんね!
食べた瞬間、ほっとしました。

豊島のお野菜を使ったご飯は、クレセラボスの中で一番心温まる手作り感。
B級グルメフードコート担当の細川学さん!お疲れさまでした!










2009.09.30 Wednesday

小川淳也さんの公開ラジオ

 
4127887cお待たせしました!先日お伝えした、小川淳也さんの公開ラジオの日程が決まりました!
詳細は以下の通りです。

ゲスト:小川淳也さん
日時 :10月4日(日)午後4時半~午後5時半

クレセラボスの次の日ではありますが、ぜひ、ぜひ!
皆様お誘い合わせの上いらしてください。


20:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2009.09.26 Saturday

小川淳也さんの公開ラジオ日時変更

 
昨日お伝えした、小川淳也さんの公開ラジオですが、総務省の政務官という重要な役職に抜擢されたため、週末しか高松に戻ってくることができなくなったそうで、日時が変更となります。
どの週末になるか、詳しく決まりましたら、ブログにてご報告致しますのでお待ちください。



政務官というのは大臣、副大臣、その次に政務官。
要は総務省のナンバー3に抜擢されたということなのです。

picture_greets3そしてもう1人。
香川遺産でもお世話になり、トキワレディオステップにも出演してくださり、春にはニューギンザでの座談会にも来て頂いた、四国村理事長、構想日本代表の加藤秀樹さんが行政刷新会議の事務局長に抜擢されたそうです。

これからの日本も動かしていく重要なポジションに、この香川から2人の人が抜擢されたということです。
しっかり見守りたいものです。
小川淳也さん、加藤秀樹さん、頑張ってください。




TOKIWARADIOSTEP→加藤秀樹さんのラジオ

09:53 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2009.09.24 Thursday

クレセラボス前に…

 

2009.9.30(水) 15:00〜16:00


もうすぐ、クレセラボスですが、クレセラボスや常磐通信やTOKIWARADIOSTEPなど、私達がやっている活動とは、立場は違いますが、目指すべきは同じところだと信じたいです。
そんな小川淳也さんがなんと、9/30(水)ルビー商会にいらっしゃいます!
TOKIWARADIOSTEPに出演して頂けるのです!
選挙によって政権交代という状況になり、とりあえず新しい形になるための一歩は踏み出せたところではありますが、まだまだ世界の中の日本、国民のための政治に純粋に邁進するには様々な政局を乗り越えていくことになるのだと思います。
そこで、小川さんに思い切って色んな質問をしちゃいましょう!と、いうことになりました。
クレセラボスを前に、小川さんが、「クレセラボス(声を大にして)」、何を語ってくれるでしょう。
参加自由。
ぜひ!政治の事、日本の事、全く分からない方ほど来てほしいところです!

日時:2009.9.30(水) 15:00〜16:00
場所:ルビー商会内

19:00 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2009.09.20 Sunday

VJ / DJブース完成!!!!!!!!!!

 


さぬきの天才!!!!!! 槇塚登氏によりVJ / DJブースが完成!!!!!!!!

題して、



[[[[[[[  NEO TOKIWA   ]]]]]]]



様々なものが着々とモノになってきておりますが、かなりヤバいです!!!!!!!!!








2009.09.20 Sunday

VJリハ!!!!!!!!!!!!!!



廃墟とシャッターをスクリーンにヤバいです!!!!!!!!!!!






VJ:UTUSIYO!!!!!!!!!!!  
2日night!!!!3日夜night!!!!2夜連続!
とある、夜。





パソコンとプロジェクターを持ち込んで、VJリハをいたしました!!!!!!!!!!!

状況はご覧のとおり!!!!!!!!!!!






続きを読む >>
2009.09.19 Saturday

ライブペイントされる方募集中でっす☆

 常磐瀬戸際芸術祭チームからお知らせでっす☆

常磐瀬戸際芸術祭では当日10月3日にシャッターにペイントしてくれる方を募集してまっす!

参加費2000円、画材持ち込みでおねがいします。

審査有りです。

(氏名/連絡先/プロフィール/作品画像を10月1日までに下記までお送りください)

ruby@madeinkagawa.net


街でのイベントのため飛ばす系のライブペイントはお断りします。

よろしくお願いしまっす!!



06:57 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2009.09.14 Monday

メインステージ、オリーブホール出演アーティスト情報

クレセラボスまではや1ヵ月をきりましたが、
今年のCRECE LA VOZのメインステージでもあるオリーブホールで参加して頂けるアーティストの紹介をしていきたいと思います。


 メインステージ@オリーブホール(チケットが必要です)
open13:00 Start13:40



*出演アーティスト(タイムテーブル、プロフィール)
① 13:40-14:10 asp

②14:30-15:00  SWIM


③ 15:20-15:50 THE STOMP
 


Masako Aketa
岡山県玉野市生まれ
1996年Hau'oli's Masako Aketa Hula Studio を設立。
1998年:SONYよりビデオ「フラパラダイス」を発売。
2003年“la 'Oe E Ka La”女性団体(古典フラ)部門3位入賞。2年連続入賞を果たす。
2004年“Ho'olaule'a Japan”5部門で優勝。3年連続総合優勝。
2005年第一回パシフィック・フラ・エキシビション(広島)4部門3部門で優勝。
現在は各教室の指導にあたる他、各種イベント、講演会等で活躍。



⑤ 17:10-17:50 フラメンコ(篠田三枝、濱田あかり、 竹森正文、荻野静香)


篠田 三枝(しのだみえ):バイラオーラ

高松市出身、東京町田市在住。

大和カルチャーにて小林和賀子氏にフラメンコを習い始め、

20004月よりスペイン留学までえんどうえこ氏に師事する。

同年10月よりスペイン・グラナダ留学、若手舞踊家に師事、

2004年日本フラメンコ協会主催新人公演バイレ・ソロ部門奨励賞受賞、

現在、東京を中心に講師活動やタブラオにレギュラーで出演中、

イスパニア舞踊スタジオ講師

 

濱田 あかり(はまだあかり):カンタオーラ

高知県在住。歌の好きな幼少時代を過ごし、

2003年カンテ・フラメンコに出会う。

上林 功に師事。04年渡西。マヌエル・エレディア、センシ・マルトス、

等にカンテを学ぶ。08年日本フラメンコ協会主催、第17回新人公演、

カンテ部門で奨励賞を受賞。四国、西日本を中心に活躍中。

 

 

竹森 正文(たけもりまさふみ):ギタリスタ

1977年より3年間スペイン留学、マドリードのタブラオに出演、

2000年舞踊スタジオ創設、

株)イスパニア代表取締役/同フラメンコ舞踊スタジオ主宰、

ギターのソロ演奏や舞踊団を率いたフラメンコショー、

イベント等で活躍中、NHK文化センター、高松カルチャーセンター、

サンケイリビング、各ギター講師を歴任

荻野 静香(おぎのしずか):バイラオーラ

2000年イスパニアフラメンコ開校より本格的にフラメンコを習い始める。

2006年渡西、トロンボ、ファナアマジャ、イニエスタコルテス等の

クラスを受け、改めてフラメンコの面白さ奥深さを体感する。

以後、イスパニアにて講師活動・ライブ等に参加。


舞イスパニアフラメンコ踊スタジオ

竹森正文氏(ギターリスト)を主宰とする

香川唯一の本格的総合フラメンコ舞踊スタジオ。

舞踊講師は日本フラメンコ界の若手を代表する

トップクラスのアーティストを内外から招き入れ、

バイラオーラ(舞踊)を始め、カンテ(唄)、

ギターなどの研究生を多く抱える。

主に県内でフラメンコショー・ライブコンサートなどを企画演出している。





⑥ 18:50-20:00 Kubota Takeshi

Kubota,Takeshi   

91年、伝説のラップグループ「キミドリ」のラッパー/サウンドクリエイターとして活動を開始。93年、アルバム『キミドリ』と、96年『オ.ワ.ラ. ナ.イ』の2枚の公式作品を残してキミドリはその活動を休止するが、クボタはその間から現在まで数々のリミックス、プロデュース、そしてDJとしての活動を継続中。中でも98年にスタートしたミックステープ『CLASSICS(1〜4)』シリーズはオールジャンル・ミックスの新しい扉を開き、東京から全国のクラブまで熱狂的なフォロワーを生み出す。また03年秋に初のミックスCD『NEO CLASSICS』を、約5年のブランクを経て08年秋に待望の第二弾、『NEO CLASSICS 2』をエイベックスよりリリース、いずれもミックスCDとしては異例の好セールスを記録中。そして09年3月にはユニークな人選が毎回話題となるミックスCDシリーズ『ストリクトリー・ロッカーズ』からクボタタケシ・ミックスがリリース、初回プレス盤は瞬く間に店頭から姿を消すなど人気の底力を示す。異例?のリリース・ペースに待望度業界ナンバー・ワンとも言われるオリジナル音源の発表に向けての期待も更に高まるばかりである  




⑦ 20:20-21:30 THE ZOOT 16

渡辺俊美の活動・表現は多岐に渡って拡がりを見せる。

独自のメロディとカラーを持つヴォーカルは各方面で定評があり、スチャダラパー、かせきさいだぁ、クボタタケシ、TSUCHIE、RUB-A-DUBMARKET、2BACKKAなど多数の作品やライヴに参加している。

また、2000年以降ソウルセット活動休止中に並行してスタートさせたソロ活動は、SLY MONGOOSE、PE'Z、など新たな感覚を持つバンドとの交流を生み、その成果は2001年、渡辺俊美監修によるコンピレーション・アルバム[Redevelopment](KI/OON

RECORDS)のリリースへと結実する。

そして、それらの活動から芽生えた音楽的好奇心を反映し試みる場として結成されたバンド、THE ZOOT16は、ロック、スカ、レゲエ、ダブ、ラテンと様々な音楽の要素と、哀愁漂うヴォーカルが融合したダイナミックかつ男気溢れるサウンドで、多くの若いリスナーの共感を呼び新たなファンを獲得、シングル、ミニ・アルバム、限定ライヴ・アルバムに続いて2004年11月に初のフル・アルバム[RIGHTOUT!]、そしてソウルセット活動再開後の2005年11月には2nd[MUTINY]、2006年7月に3rdアルバム[完全逆様な世界](全てZOOTSUNRISE SOUNDS)を立て続けにリリースし、絶賛を集め、勝手にしやがれコラボレーション企画、THE MODSトリビュート・アルバム、リコ・ロドリゲスとのセッション作品、スカ・フレイムスのレーベル"SUNSHOT"コンピレーション・アルバム[DownBeat Ruler Vol.1]への参加など精力的な活動で話題と注目を集めた。さらに、最新作[MEATBALL AND SUSHI PARTY]THEZOOT16 G・B VERSION(ソロバージョン)と世界を代表するスカバンドTHE SLACKERSのボーカル“VIC RUGGIERO”との奇跡的スプリットアルバムとなっている。


▲top